Box Automations

共同作業を自動化

Box Automations

ワークフローとコラボレーションを実現する新たなツール

生産性ツールとワークフローツールは、「作業をどのように行うか」という点については、その場限りのコラボレーション向けに作られているか、予測可能な自動化された厳格なプロセス向けに作られているかの両極端というのが通常です。今日の俊敏なビジネス環境においては、毎日手作業で行う処理は自動化しつつ、リアルタイムでコラボレーションするツールが求められています。Box TasksとともにBox Automationsを使えば、作業をより効率的に行えるとともに、ビジネスを推進するプロセスから大きな成果を得ることができます。

作業手順に合ったデジタルビジネスプロセス

作業手順に合ったデジタルビジネスプロセス

多くの企業ではすでに、買掛金の処理から応募者の審査、支払い処理まで、これまで手作業で行っていた処理を、自動化を使って合理化しています。そしてまもなく、Box管理者とパワーユーザーは、コードを書く必要のないビルダー(20件を超す入力、条件、出力)を使い、ビジネスニーズに合った柔軟なデジタルビジネスプロセスを構築できるようになります。Automationsは社外のチームともシームレスに連携するため、請負業者やベンダー、顧客とのプロセスを合理化できます。

コンテンツに結びついたタスク

Box Tasksは、審査と承認のタスクをコンテンツに直結します。通常は監査証跡付きです。自動化されたプロセスの一環として、あるいはオンオフベースで、自由にタスクを実行できます。タスクは、ファイルのその他すべてのアクティビティのコンテキストに表示されるため、リクエストがあっても、すべての情報は変更されることはありません。

わずか数回のクリックで進捗状況を確認

わずか数回のクリックで進捗状況を確認

現在、プロセスはメールやチャットで行われることがほとんどで、関係者は進捗状況や監査手順を確認する手段がありません。Automationsを使うと、個別のタスクとプロセス全体の両方の状況を詳細に確認できます。特定の文書を承認したのは誰か、その文書をまだ審査していないのは誰か、どのプロセスが停滞しているのかを確認できます。

AutomationsでBoxを有効活用

Boxで作業を自動化すれば、Box Governanceが有効活用されてレベルアップできます。保存駆動のメタデータに基づいてプロセスを起動する場合でも、記録管理承認プロセスを自動化する場合でも、Box Automationsがビジネスプロセスを変革します。

AutomationsでBoxを有効活用

組織全体で共同作業とプロセスを自動化

営業
営業

契約書を自動的に審査に回し、営業部門でコラボレーションし、パイプラインアクティビティを迅速化する

marketing
マーケティング

コンテンツの審査プロセス、規制当局とのコラボレーション、法務による審査、プレスリリース/製品リリースを管理する 

法務
法務

特許および契約を審査するプロセスと、新しい方針を承認するプロセスを自動化する 

人事
人事

入社時教育プロセス、タイムカードと休暇申請の承認、新しい標準運用手順の審査を合理化する

財務
財務

予測プロセスを迅速化し、半期末の締め処理の確認を標準化し、請求書の承認を合理化する

管理者
管理者

メタデータを適用してコンテンツを検索しやすくすることで管理作業を改善し、セキュリティとコンプライアンスを向上する

仕事のやり方を合理化