Box Relay

シンプルなワークフロー

Relay UI

タスク管理をスマートに

ワークフローツールは使いにくい、というのが今までの通説でした。しかし、これからは違います。IBMとBoxが開発したBox Relayを使用すれば、誰でも簡単にワークフローを構築し、追跡し、管理することができます。企業全体における生産性向上とプロセスの標準化が、Boxで実現するのです。

ワークフロー構築のui

ワークフローを構築する

わかりやすいガイドを使って、誰でもワークフローのテンプレートを設計できます。ステップ、アクション、期限、ユーザーを追加するだけで、業務が自動化されます。また、企業の既存ワークフローテンプレートを活用すれば、さらにすばやく構築できます。

タスクを実行する

タスクを実行する

シンプルな通知システムで、タスクの割り当てや期限超過に関するアラートが、担当者に直接届きます。社外のメンバーにも業務を割り当てることができるため、パートナーやベンダー、顧客など、あらゆる社外関係者と連携して、シームレスに協業できます。また、タスクの完了もBoxの利用と同様にシンプルであるため、難しいトレーニングを行うことなく全員の認識を統一できます。

進捗を確認する

進捗を確認する

「確認」メールをやめて、プロジェクトに関するすべてのコミュニケーションを1つの場所に集約しましょう。ワークフローが完了したとき、またはあるステップで進捗が止まっているときに通知を受け取ることができます。さらに最も重要な点として、プロジェクトを予定どおりに進め、コンプライアンスを順守できるように、現在誰が何に取り掛かっているかを常に把握していることができます。

チームでRelayを使う

Box Relayは組織のあらゆる業務内容に適用できます。請求書の処理、契約のレビューと承認、あるいは社員の新規雇用など、さまざまなタスクをBox Relayで簡単に自動化することができます。

営業

適切なチェック項目を設定して、契約プロセスや交渉、新規顧客受け入れなどをスムーズに進行できます。

財務

四半期ごとに必要な入力をすべて完了できるとともに、予算や請求の承認プロセスも管理できます。

マーケティング

コンテンツレビューのプロセス、エージェンシーとのコミュニケーション、法務面でのレビュー、さらには通常のWebサイトメンテナンスまで、管理できます。

研究開発とエンジニアリング

コードレビュー、製品公開、さらには品質保証テストまで、社内外の関係者と連携して実施できます。

法務とコンプライアンス

特許出願プロセスや契約交渉、取締役会承認、ポリシー承認などを適切に処理できます。

人事

法務やポリシーに関する研修、新規採用プロセス、社内各レベルからの承認などに関し、より効果的な実施方法を構築します。

主な機能

誰でもワークフローの構築と開始が可能

エンドユーザーも、独自のワークフローを作成、編集、保存できます

企業外部との協働

ワークフローで、外部ユーザーにもタスクを割り当てることができます

アラートと通知

プロセス全体にわたって、通知やメールのリマインダを受け取れます

リアルタイムでの可視化

進行中のワークフローの進捗を確認したり、共有リンクを送ってメンバーでレビューしたりすることができます。

保有するコンテンツとの統合

Boxに組み込まれているため、Boxと同様のわかりやすく信頼性の高い機能と利便性を備えています

コンテンツセキュリティ

ワークフロー全体にわたって、コンテンツは監査証跡と権限設定、データプロテクションによって守られます

Box Relayがもたらす効果を、ご覧ください