Box GxP Validation

クラウドでの検証プロセスを高速化

Box GxP Validation

規制対象のコンテンツと規制対象外のコンテンツをクラウドで管理

Box GxP Validationにより、製薬会社およびライフサイエンス企業は、臨床、開発、製造に関するコンテンツの作成、管理、配信が可能となります。クラウド・コンテンツ・マネジメントで規制対象コンテンツと規制対象外コンテンツの両方を標準化することで、すべてのコンテンツのコラボレーションやモビリティを可能にし、エンタープライズレベルのセキュリティとコンプライアンスを確保できます。

一元化されたセキュアなプラットフォーム

Box GxP Validationを使用することで、規制対象コンテンツと規制対象外コンテンツを1つのコンテンツ・マネジメント・プラットフォーム上で標準化できます。これにより、複数のリポジトリ間の非効率的なサイロ化をなくして、社内での連携だけでなく、CRO、CMO、治験責任医師との連携も簡単に行えるようになります。さらに、すべてのコンテンツがコンプライアンスの確立された1つのセキュアなプラットフォーム上で確実に管理されるため、システムの機密性を診断する必要がないほか、コストの高いGxP準拠のレガシーな環境を廃止できます。

常時テストで検証を高速化

Box GxP Validationは、Boxのコア機能について常時テストを実施するため、組織によるFDAなどの規制機関へのコンプライアンスの検証にかかる時間を大幅に短縮できます。これにより、Boxのコア機能が常に目的どおりに確実に機能し、独自のテストを実施する必要がなくなります。さらに、アジャイルなクラウドプラットフォーム用に設計された検証レポートやテンプレートと連動するため、検証コストを大幅に削減でき、大規模な検証プロジェクトも不要になります。

主な機能

包括的なQuality Management System

年次監査では品質管理システムドキュメントが提供され、Boxの新機能が、明確に定義された品質管理プロセスに則っていることが証明されます。また、さらなる実証を得るためにサードパーティによる監査レポートにアクセスすることも可能です。

Validation Accelerator Pack

Validation Accelerator Pack には、検証ライフサイクルドキュメントと、Boxプラットフォームが規制の厳しいコンテンツに適しているかどうかを検証するためのガイドが含まれます。

Automated Daily Compliance

Box GxP Validationの一環として、Boxでは、Boxの管理者向けのテスティングレポートが毎日自動生成されます。このレポートには、APIレイヤにおけるBox機能の包括的テストの結果が記載されているため、お客様はBoxが意図したとおり稼動していることを確認できます。

Box Zonesやその他サービスとの連携

Box GxP Validationは、Box Zones、Box Governance、Box KeySafeとともに展開できるため、グローバルなデータ保護、コンプライアンス責任、内部セキュリティ要件といったあらゆるご要望に対応する単一プラットフォームとしてご利用いただけます。

Box GxP Validationのホワイトペーパー

規制当局がコンピュータシステムを審査する本当の目的とは

Box GxP Validationのデータシート

クラウド内の検証でデジタル変革を実現

Box GxP Validationで検証プロセスを高速化