Box Sign

電子サインをコンテンツのある場所で

Box Sign

電子サインを最適な場所で

Box Signをネイティブに組み込むことで、コンテンツと電子サインを1か所に集約。契約書や採用通知などの重要書類へのサインをBoxのコンテンツクラウド上でシームレスに行なえます。 コンテンツクラウドでは、契約書の作成から署名、保管まで、ドキュメントのプロセス全体を容易に管理できます。

Box Signをワークフローに組み込む

Box Signはコンテンツクラウドの一部として組み込まれるため、Microsoft 365、Salesforce、Oktaをはじめとする1,500以上のアプリとの連携が可能です。 セキュアなコンテンツレイヤーと電子サイン機能がともに備わった環境が、契約の締結を迅速に、パートナーとの協業をより効果的に、社員のオンボーディングをより快適に進めます。

APIで電子サインをさらに便利に

APIを活用してWebサイトやカスタムアプリケーションにBox Signを組み込むことで、顧客やパートナーなど、組織内外の関係者に対して最適なエクスペリエンスを提供できます。 使いやすいAPIと開発者フレンドリーなツールが電子サインの可能性を広げ、業務効率と生産性の向上に貢献します。

セキュリティとコンプライアンスを備えた電子サイン

電子サインは、セキュリティやコンプライアンスを犠牲にするものではありません。 Boxは、セキュリティとコンプライアンス要件を満たし、法的に有効なサイン機能を提供すると同時に、コンテンツのライフサイクル全般において一貫した情報セキュリティおよびガバナンスポリシーの制御を可能にする、唯一のクラウドベースのプラットフォームです。

主な機能

無制限の電子サイン

Box Webアプリから、サイン対象のドキュメントを数量に制限なく送信可能(Businessプラン以上でサポート)。

あらゆるデバイスをサポート

デスクトップ、モバイルなど、デバイスを問わず、Boxアカウントなしでもサインが可能。 40種類以上のファイルタイプをサポート。

ドキュメントのセキュリティ

署名者認証および改ざん防止機能により、ドキュメントのセキュリティを確保。

電子サインのワークフロー

順行/並行のドキュメントルーティングや受信者の役割設定により、複雑なワークフローに対応。

電子サインのテンプレート

フィールドの標準化と再利用可能なテンプレートの作成により、プロセスを反復可能に。

進捗状況の可視化

ドキュメントの進捗状況をリアルタイムで把握、署名依頼の通知や期日のリマインダーをメールで送信。

業界規制へのコンプライアンス

HIPAA、SOC、ISO、FedRAMPを含むBoxのセキュリティおよびコンプライアンスの諸機能を継承。

Salesforceの統合

Box SignとSalesfoceの連携により、契約書などサイン対象のドキュメントをSalesforceから直接生成、送信。

オープンなAPI

任意のサードパーティアプリ、カスタムアプリとの連携を可能にするAPI、SDKを提供。

組織全体のコスト削減

BoxのBusinessプランおよびEnterpriseプランでは、Box Webアプリからサイン対象のドキュメントを送信する場合には、追加費用なしで数量無制限に電子サインを利用できます。 Box Signは、お客様の業務の効率化、迅速化に貢献します。