コンテンツクラウドへようこそ

セキュアなコンテンツ管理とコラボレーションを1つのプラットフォームで

コンテンツクラウド

ビジネスの変革はコンテンツ管理から

あらゆる業務がコンテンツを中心に動いています。コンテンツを効率よくセキュアに管理することで、ビジネスの可能性も広がります。業界を問わず、販売契約書、製品仕様書、販促資料、動画など、さまざまなファイルが業務プロセスの中核を担っています。Boxは、使いやすさとセキュリティを兼ね備えた単一のプラットフォームで、ファイルの作成から共有、共同編集、署名、分類、保存まで、コンテンツのライフサイクル全体をサポートします。Boxは、フォーチュン500の67%の企業に利用されています。コンテンツクラウドは、煩雑なコンテンツ管理からユーザーを解放し、本来の仕事への集中を促進するプラットフォームです。

icon1
icon2
icon3
icon4
icon5
icon6

コンテンツを保護する

きめ細かなアクセス制御、電子透かし、機密情報定義ごとの分類機能など、クラウドネイティブなセキュリティ/コンプライアンス機能によってファイルは常に保護されます。Box Shieldの機械学習と、ポリシー設定による脅威検知機能が、コンテンツをプロアクティブに保護します。

コラボレーションを誰とでも

アノテーションからタスクまで、ファイルを介した共同作業がより効率的に行えます。社内外、デバイス、ソフトウェアを問わず、どこからでもリアルタイムのコラボレーションが可能です。

ワークフロー作成を迅速に

Boxプラットフォームにネイティブに統合されたワークフロー自動化ツールが、業務を効率化し、従業員の生産性を向上させます。Box Relayを活用することで、デジタルアセットの承認や契約書の管理などの反復業務をシンプルなワークフローとして設定、業務の効率化が図れます。コーディングは必要ありません。

重要な書類へのサイン

売買契約書から、採用通知、ベンダーとの契約書まで、文書の作成・執行は、業務を遂行するうえでの重要事項のひとつです。Box Signは、電子サインの利便性と保護を組織全体にもたらし、シームレスでフリクションレス、かつ、費用対効果の高い電子サイン機能を提供します。

業務をシームレスに

Boxは1,500以上のアプリとの統合機能を備えており、現行のソリューションスタックとコンテンツを容易に接続することができます。また、開発者向けのツールやAPIを活用することで、組織のニーズにあわせたBoxのカスタマイズおよび拡張が可能です。

Boxはさまざまな場面で利用されています

業界の揺るぎないリーダー

Boxは、Gartner (ガートナー)、Forrester (フォレスター)、IDCの各社によりリーダーとして位置づけられています。Boxが三冠を得る鍵となったケイパビリティについては、レポートで詳しく解説されています。

さっそく試してみませんか?