Box Shuttle

よりスマートにクラウドへ移行

チームがスムーズに移行

Box Shuttleを使用すれば、組織は何百ギガバイト、何百テラバイトもの大量のデータを、既存のファイルサーバーやECM、クラウドデーターソースから移行できます。既存のユーザー権限やメタデータがあるかどうかは、関係ありません。ペタバイトのコンテンツレガシーコンテンツリポジトリを移行されたお客様もおられます。これには、ネットワークファイル共有、Microsoft SharePoint、OneDrive、Sharefile、Documentum、OpenText、FileNet、Alfresco、Syncplicity、Dropboxなどが含まれています。

プロセスを通じてお客様と連携

移行プロセスを管理
移行プロセスを管理

Boxはお客様と連携して、開始から提供までの主要マイルストーンを設定したカスタム移行計画と導入ガイダンスを作成し、移行が計画どおりに進み、完了するよう支援します。

コンテンツの優先順位を決める
コンテンツの優先順位を決める

ユーザーがアクティブに使用しているコンテンツとアーカイブデータとを識別してBoxに移行するため、チームはすぐに仕事を始められます。管理下での実施とBox機能の追加により、データのセキュリティとガバナンス要件の特定を支援します。

コンテンツにインテリジェンスを追加
コンテンツにインテリジェンスを追加

以前の環境からBoxにファイルを移動させる際には、既存のユーザー権限を適用し、関連するメタデータや他のカスタム属性をインポートすることができます。

進捗状況を確認する
進捗状況を確認する

Boxは移行プロセス全体を完全に可視化し、移行中のデータをお客様自身がコントロールできるようにします。

Box Shuttleウェビナー

クラウドへの移行をご検討中ですか? 詳細はウェビナーで(英語)

Box Shuttleの詳細なデータシート

Box Shuttle製品の詳細な概要 (英語)

Box Shuttleのメリットをご覧ください