導入事例:埼玉医科大学国際医療センター

患者向け情報共有ポータルなど、Box を基盤に情報利活用を推進

国内の大学病院としてはわが国初のJCI認証を取得した埼玉医科大学国際医療センターでは、2017年の認証更新の効率化のために、文書管理システムとしてクラウド・コンテンツ・マネジメント Boxを採用。さらに、文書管理にとどまらないBoxの機能を活用し、患者向け情報共有ポータルという画期的なシステムの開発を進めている。これらの背景には「患者中心の医療」を徹底する同センターならではの姿勢がある。

 

  • 「患者中心の医療」の推進に大学病院で日本初のJCI認証取得
  • 大量のドキュメントが必要なJCI認証更新をBoxで合理化
  • Boxをプラットフォームに患者向け情報共有ポータルを構築
  • 病院のさまざまな業務の効率化にBoxを活用

 

Saitama Medical