Box KeySafe

暗号キーを自分で管理する

keysafe

クラウドでのデータプライバシーの完全なコントロール

Box KeySafeを使用すると、ユーザーエクスペリエンスに影響を与えることなく、暗号キーを独立して完全に管理することができます。キーの使用記録はすべて変更不可能で、キー使用の詳細な記録が含まれます。そのため、組織のキーになぜアクセスがあったのかを正確に追跡できます。疑わしいアクティビティがあった場合には、セキュリティチームがいつでもそのコンテンツへのアクセスを禁止できます。

intuit
schellman
tmg
met police
ファイルをアップロード

ファイルをアップロード

ファイルをBoxへ簡単にアップロード

Boxキーで暗号化

Boxキーで暗号化

Boxが提供する使いやすさ、モビリティ、セキュリティ、ガバナンスのいずれにも影響はありません

暗号化

お客様自身のキーで暗号化

Boxは、お客様の暗号キーを見たりそれにアクセスしたりすることはできません。お客様のコンテンツをコントロールするのは、常にお客様です。

更新

監査ログの更新

コンテンツを暗号化するキーの法的保持者は、お客様です

Box エンタープライズ向け暗号鍵管理

Box KeySafe with AWS

Box KeySafe with AWS Key Management Service

これは、Boxの顧客管理型暗号化用の最もシンプルで、最もコスト効果の高いソリューションです。KeySafe with AWS Key Management Serviceを使用すると、ソフトウェアサービス(Amazon Web Services (AWS)のKey Management Service (KMS))を活用して暗号キーを管理できます。

Box KeySafe with AWS CloudHSM

Box KeySafe with AWS CloudHSMを使用すると、企業は専用ハードウェアセキュリティモジュール(HSM)を活用して暗号キーを格納して保護し、クラウドに格納したコンテンツの暗号キーを管理できます。これは、金融サービスやプロフェッショナルサービス、製造といった分野で、暗号キーのコピーをオンプレミスで必要とする世界の最大手企業によって使用されています。

Box KeySafe with AWS GovCloud

Box KeySafe with AWS GovCloudを使用すると、非常に機密性の高いコンテンツをクラウドに移動する際に、エージェンシーはITAR/EAR、CJIS、またはIRS-1075の要件を満たすことができます。この製品は、AWS GovCloud領域でAmazon Web Services (AWS) Key Management Service (KMS)を活用し、米国政府と協力する政府機関や団体が コンテンツ暗号キーを独立して管理できるようにします。

政府と請負業者

KeySafe with AWS GovCloudを使用することにより、政府機関と政府請負業者は民間人専用の要件およびITAR要件のあるコンテンツのコンテンツ暗号キーを独立して管理できるようになります。

メディア、技術、ライフサイエンス

未公開の脚本、トップシークレットのデザイン、新薬の特許などは、最も価値のある資産の例です。それと同時に、アイデアを市場にもたらすため、それらの資産を請負業者やパートナー、ベンダーと共有する必要もあります。KeySafeを使用すれば、パートナーや請負業者のエコシステム内で広く共有される機密性の高い知的財産に対するコントロールを維持できます。

法律、金融、プロフェッショナルサービス

御社のクライアントは、御社に非常に機密性の高いコンテンツを託し、そのデータが許可のないサードパーティにアクセスされないように保護されると考えています。KeySafeを使用すれば、文書へのアクセスを防止する適切なコントロールを配置し、クライアントのデータを保護する倫理的および法的な義務を果し、第三者が御社のクライアントのデータを閲覧するといった御社の評判にかかわるようなリスクを最低限に抑えることができます。

主な機能

シンプルなセットアップ ― 30分で設定可能

サイズにかかわらず、ITチームが数日でKeySafeを配備可能

コスト効果が高い

クラウドコンテンツ用の他の暗号化サービスとは異なり、あらゆる規模のお客様にとって手頃な価格

ログの相互関係

キーの使用理由とBoxイベントへの相互関係を示す理由コードが完全な可視性をもたらします。

可用性と耐性

お客様のキーは当社のパートナーであるAWSによって、99.99999999%の耐性を持つように設計されたシステムに格納され、1つの領域内の複数の可用ゾーンに配備されます。

キーのローテーションサポート

お客様がAWSでのキーのローテーションを選択される場合には、Premier ServicesがKeySafeキーのローテーションをお客様と協力して実行します。Premier Servicesは、お客様と協力してバックフィルプロセスもトリガし、Boxコンテンツのすべてが新しいキーに対して再度暗号化されるようにします。

キーのセキュリティ

お客様のキーがディスク上のプレーンテキストに保存されたり、メモリに維持されたりすることは決してありません。

Forrester: Box KeySafeでコントロールを取り戻す

このForresterレポートでは、クラウドにおける顧客管理型暗号キーと、複数のエンタープライズソフトウェア市場の勢力図を書き換えているBox KeySafeの評価を行っています。

オンデマンドウェビナー: クラウドへのキーを所有する

最近リリースされたBox KeySafeを使用すれば、組織はコンテンツを保護する暗号キーを独立して管理しながら、クラウドでのコンテンツコラボレーションを利用できます。

Box KeySafeで自身の暗号キーを管理