Box Zones

国際的なデータレジデンシー要件への対応

Box Zones

Box Zonesはグローバル企業のデータ保管場所制御を支援しています

IPSEN
shiseido
dubai airports
dignity
national bank of canada

データの保管場所を制御

Box Zonesは、さまざまな国・地域のデータレジデンシー要件に対応し、クラウドにおけるプライバシーや制御のレベルを高めることで、世界中の組織や顧客との連携を可能にします。コラボレーションは、複数のゾーン(Zone)にまたがってシームレスに行うことができます。ゾーンの追加には追加費用は発生しません。割り当てたゾーンの変更も容易で、エンドユーザーに影響を与えることなく関連するコンテンツを自動的に移行できます。Box Zonesは、クラウドを利用するうえでの障壁をなくし、お客様のクラウド導入を支援します。

セキュリティ、パフォーマンス、スケールを意識した設計

Box Zonesは、Boxが提供するデータおよびプライバシーの堅固な保護機能を基盤としています。保存データ暗号化(Data at Rest Encryption)によって暗号化されたコンテンツは、世界中の必要な場所に保存できます。ヨーロッパ、アジア、カナダ、オーストラリアにユーザーを有する組織は、ローカルのデータストレージを使用して、地域内にファイルを保存できます。これにより、国や地域ごとに異なるデータプライバシーや、顧客のデータレジデンシーに関する懸念事項、各地域内でファイルを保存する際の要件に対応します。

保存場所を柔軟に選択できる地域内ストレージ

Boxの各機能をストレージレイヤーから分離することで、コラボレーション機能、高生産性、使いやすさなどのBoxのメリットを損なうことなく、地域固有の要件に対応します。 また、Boxのパートナー企業が所有するデータセンターのグローバルなネットワークを通じて、データの保存場所に関する要件を満たす柔軟な選択肢を提供します。さらに、Box Zonesを使用することで管理者がコンテンツの保存場所を決定できるため、エンドユーザーは、異なるゾーン間でも保存場所を気にすることなくコラボレーションを行うことができます。

コンテンツクラウドでのGDPRコンプライアンス

Box ZonesとBox KeySafeを併用することで、オンプレミスのハードウェアの管理負荷を発生させずに、秘密鍵の保管に関するセキュリティやコンプライアンスの要件を満たすことができます。最高水準のデータプライバシー基準をグローバルに評価して対応するとともに、お客様が管轄地域におけるデータプライバシー義務を果たせるよう支援することがBoxの理念です。GDPRとCCPAに対応したコンテンツクラウドは、お客様の大切なデータの管理を容易にします。

主な機能と特長

柔軟性

エンタープライズコンテンツが保存されている場所に単一または複数のゾーンを指定することで、データレジデンシーのニーズに対応。

グローバルな可視性

選択したゾーンの数にかかわらず、管理コンソールから組織全体を管理。

容易な設定

組織のデフォルトのゾーンを割り当てるか、ユーザーごとにゾーンを割り当てることで、ユーザーを容易に追加。

自動移行

割り当てたゾーンを変更しても、コンテンツへのアクセスに影響を及ぼすことなく関連コンテンツを自動的に移行。

リアルタイムレポート

割り当てられたゾーンの場所を管理コンソールから各ユーザーに通知し、監査のニーズに対応。

シンプルな価格設定

使用するゾーンの数によって変動しない、予測可能でシンプルな価格設定。

Enterprise Plusプラン

Enterprise Plusは、コンテンツクラウドの最良の価値を1つのシンプルなプランにまとめて提供します。 Boxで最もよく利用されている製品・サービスがすべて含まれており、ワークフローのセキュアな自動化を支援します。 価格が最大35%オフのお得なプランです。