Box Zones

世界各国のデータレジデンシ要件に対応

Zones

望む場所にデータを保存

Box Zonesを利用すると、複数の地域にわたってデータを保存することができ、クラウドにおけるプライバシーレベルや制御レベルを引き上げることができます。従業員、顧客、ビジネスパートナーが、ヨーロッパ、アジア、カナダ、オーストラリアなど、どこにいても問題なく。、データを保存できるようになります。Box Zonesを導入すると、クラウドを導入するうえでの障壁がなくなり、世界中のメンバーがひとつになってビジネスを運営することができます。

Ipsen
資生堂
tmg
Metropolitan Police
Dubai Airport
Gatwick

Box Zonesは、Boxが実現する強力なデータ保護とプライバシー保護機能に基づいて構築されており、世界中のコンテンツを暗号化して保存できます。ヨーロッパ、アジア、カナダ、オーストラリアにユーザーがいる企業でも、地域のデータストレージを利用して、地域および国固有の懸念事項、顧客データレジデンシーに関する懸念事項、ファイルを地域に保存する際の要件に対応できるようになりました。

Box Zonesにより、Boxに期待される使いやすさを実現しながら、かつてなかった範囲と規模で、地域におけるデータ保存の柔軟性と選択肢を実現します。

カナダCanada - Montreal, Toronto
アイルランドIreland - Dublin
ドイツGermany - Frankfurt
大阪(日本)Japan - Tokyo, Osaka
レッドウッドシティ(米国)United States - US Federal Zone
英国United Kingdom - London
シンガポールSingapore
オーストラリア - メルボルン、シドニーAustralia, Melbourne

機能の詳細

Box Zonesは、強力なコラボレーション、生産性、Boxの使いやすい機能すべてをストレージレイヤーで分離することで、データをローカルに保存します。実際、エンドユーザーは保存場所(管理者が決めます)を意識せずにコンテンツを利用します。エンドユーザーはデータをどこに保存すればよいかを気にすることなく、日常の業務を続けることができます。Box Zonesを実現するにあたり、Boxのパートナー企業が所有するデータセンターの世界規模のネットワークを利用しています。

Zones

2018年の世界のデータ保護規制に対応

Box Zonesは、世界の急速に進化するデータプライバシー状況にお客様が対応できるように支援する1つのステップに過ぎません。データプライバシーの非常に高い標準をグローバルに評価および対応するとともに、管轄地域におけるさまざまなデータプライバシー義務への対応に向けてお客様が十分に準備できるように支援するというのが、Boxの理念です。

主な機能

ニーズに応じてZonesを選択

会社のコンテンツが保存されている場所に単一または複数のZonesを指定することで、データレジデンシーのニーズに対応

1つの管理コンソールで世界中を監視

選択したZonesの数にかかわらず、単一の管理コンソールから会社全体を管理可能

セットアップが簡単

会社のデフォルトのZoneを割り当てるか、ユーザーごとにZoneを割り当てることで、簡単にユーザーを追加可能

自動移行

割り当てたZoneを簡単に変更して、コンテンツのアクセスを妨げることなく、関連するコンテンツが自動的に移行

リアルタイムなレポート

監査のため、割り当れられたZoneの場所を管理コンソールから各ユーザーに報告

シンプルな価格設定

使用するZonesの数によって変動しない、予測可能でシンプルな価格設定を提供

Box Zonesデータシート

複数の地域における保存をサポートしており、データ保護とプライバシーを強化

Box Zonesの機能のご紹介