Box Capture

スマートフォンを使用して、Boxに直接アップロードできます。

capture foreground

スナップ、アップロード、完了

社内よりも社外にいる時間が多い場合、日々の業務を行うためのツールが必要になります。Box Captureを使用すると、外出先で簡単に写真やビデオの撮影、ドキュメントのスキャンを行い、瞬時にクラウドに保存することができます。また、自動的にチームとのワークフローがスタートするため、現場からリアルタイムで情報に対応できます。

Box Captureについて

Box Captureの使用例

Box Captureは、写真をBoxに直接移動させる最も簡単な方法です。フォルダは自分で選択することができ、Boxのセキュリティで保護されています。

建設業

作業員や安全検査員がCatpureを使用すれば、安全上の問題を迅速にレポートし、安全規則に準拠していることを確認できます。

ヘルスケア

BoxのHIPAA準拠の機能を使用しながら、患者の画像、ビデオ、ドキュメントを共有できます。

小売

ディスプレイと棚スペースの写真をキャプチャすることで、在庫管理と店内ディスプレイのワークプロセスを簡素化できます。

機能の詳細

リアルタイムで情報をキャプチャする

スキャナや重い添付ファイル、USBドライブは不要です。Box Captureでは、iPhoneまたはiPadでドキュメントのスキャン、写真、ビデオ、音声を記録して、自動的にBoxにアップロードし、現場のデータを瞬時に主要チームや関連のビジネスシステムに共有することができます。また、Box Captureはカメラロールを使用しないため、スマートフォンの空き容量を消費する心配がありません。

社外のチームを組織全体につなぐ

ミッションクリティカルなデータをリアルタイムで収集し、社外にいる特定のチームに場所を問わず送信することができます。Box Captureでは、特定のユーザーをタグ付けできるため、情報がそのユーザー向けであることを知らせることができます。他のチームメンバーはコメントを使用して、キャプチャされた写真やビデオについて意見を交わすことができます。また、Box Captureには、写真を撮った時間と場所などのメタデータが自動的に保存されます。

ペーパーレスに移行して社外でのデータ収集を向上させる

紙のフォームには制限がありますが、Box Captureの写真とビデオの機能を使用すれば、社外の従業員は正確で完全な情報を柔軟に収集することができます。また、Box Captureでは、アップロードされたファイルに基づいてチームメンバーへの通知と新しいタスクを自動的にトリガーできるため、社外のデータ収集レベルを引き上げることができます。

オンライン/オフラインで作業し、セキュアな状態を保つ

インターネットがなくても問題ありません。遠く離れた場所で作業している場合でも、オンラインに戻ったときにBox Captureが自動的にコンテンツを同期します。また、アプリでキャプチャされた写真、ビデオ、音声録画、スキャンされたドキュメントは、個人のカメラロールではなくBoxに保存されるため、ビジネス情報は常にセキュアでコンプライアンスを確保できます。

heidelberg logo

「当社の営業チームと社外チームは、Box Catureを使用して、店舗からの小売りディスプレイや損害、品質に関する情報を配給業者と迅速に共有しています。どの店舗からでもフォームをスキャンしたり、写真を撮ったりできるため、本部のチームは速やかにそれを処理できます。このアプリのおかげで、メールやUSBを使った手動プロセスから解放されました。Box Captureは当社のビジネスを一変させたんです。」

Heidelberg Distributing Company社の技術マネージャ、Matt Clark氏

主な機能

自動編集

Captureは、ドキュメントの検出、切り取り、位置合わせ、フィルタリングを行います

容易な編集

アプリから直接、画像の切り取り、グレースケール、回転、サイズ変更を実行できます

PDFとして保存

保存する前に、複数の画像を1つのPDFドキュメントにまとめることができます

Boxに統合

適切な画像を適切なフォルダに保存します

コラボレーション環境

他のBoxユーザーにタグ付けして通知を作成します

すべてのメタデータを追加

写真を撮った時間と場所などの重要なメタデータが自動的に追加されます。

Box Captureがもたらす効果を、ご覧ください