デジタル資産管理

デジタル資産管理を簡素化

リッチメディア資産をセキュアに保存、管理し、コラボレーションを行う

キャンペーン画像からビデオファイルに至るまで、デジタル資産はすべての企業のワークフローの中核を成しています。一元化したデジタル資産管理システムがなければ、必要なときに必要な資産を検出することが難しくなります。資産を異なるシステムで編集して保存すると、コンテンツの管理はすぐにカオス状態となります。一貫したセキュリティ対策を取らなければ、機密データや未公開データが漏えいする危険性もあります。 Boxはすべてのデジタル資産にワンストップショップを提供するため、コメントや自動のメタデータタグを使用しながらリアルタイムにコラボレーションを行うことが可能になり、誰でも簡単に最新バージョンを見つけられるようになります。さらに、承認ワークフローをインテリジェントに自動化できるので、手作業によるエラーを回避できます。 作成から公開に至るまで、すべてのデジタル資産をセキュアかつ効率的に管理することが可能です。

構造化されたデジタルハブを作成

すべてのコンテンツが1か所に統合されるため、検索、タグ付け、共有が簡単にできるほか、社内外の誰とでもそのコンテンツについてのコラボレーションを簡単に行うことができます。

創造的なプロセスをリアルタイムに合理化

改訂やフィードバックを1か所に集め、新しい資産のレビューや承認を行うタスクを割り当てて、レビューサイクルを高速化できます。

マーケティングIPの保護と管理

機密ファイルに電子透かしを設定したり、7つのきめ細かい権限の中から選択したりすることで、適切な人だけがコンテンツの表示、ダウンロード、編集を行えるようにします。

資産のパフォーマンスを簡単に分析

各ファイルのアクセス統計を確認することで、そのファイルを誰が表示してダウンロードしたかを把握できます。また、最も利用されている資産に関するレポートを取得して、パフォーマンスを評価することも可能です。

主な機能

部門や会社の垣根を超えた共有とコラボレーション

マーケティングチーム間で、または外部代理店や顧客などの外部関係者と、一元化された安全なワークスペースでコラボレーションできます。 

リアルタイムに編集

ファイル内コメントやタグ付けなどのバージョン管理機能やコラボレーション機能を使用することで、デジタル資産を更新できます。

コンテンツのセキュリティと権限を制御

電子透かしを設定したり、ダウンロードを制限したりすることで、正式な一般リリース前は適切な人だけがファイルにアクセスできるようにします。

メタデータを利用

Box Skillsを使用してインテリジェントにメタデータをファイルに適用することで、ユーザーは高度な検索を迅速に実行して必要なコンテンツを見つけることができます。 

カスタムワークフローの構築

Box Relayを利用してカスタムのデジタル資産管理ワークフローを簡単に実装することで、アクションの割り当てや期限超過に関する通知をリアルタイムに受け取ることができます。

オンデマンドアクセス

デスクトップまたはモバイルからBoxのすべてのデジタル資産にアクセスできるので、外出先でも編集できます。

分析の追跡

Boxの管理者コンソールから、コンテンツのアクティビティを追跡したり、レポートを生成してエクスポートしたりすることができます。

さまざまなファイルタイプの作業

デバイスや場所にかかわらず、120種類を超えるファイルのプレビューを行い、InDesign、Word、GSuiteなどでコラボレーションを実施することができます。

インサイトの抽出

Box Skillsを使用して、機械学習により、画像内のオブジェクトや書き起こしの音声ファイルなどの資産に自動的にタグ付けすることで、検索を高速化できます。

関連コンテンツ

Boxで新しい時代に