ローン設定

ローン設定のデジタル化

お客様主体の、規制に準拠した効率的なローンエクスペリエンスの実現

現在のローン設定アプローチは、連係していない紙ベースのプロセスに大きく依存しているため、お客様の利便性が全体的に低下しています。お客様とローン代理店の間で共同作業を行う場合、会話を促進するために必要なテクノロジーおよびサービスそれぞれに複数のアカウントを作成する必要があります。また、その書類提出プロセスでは紙のコピーを扱い、書類を物理的に手渡ししています。最新のバージョンへのアクセスが容易ではなく、どの書類が提出済みであるかについて混乱が生じるため、重複が発生したりストレスが発生したりします。複雑であるだけでなく、規制に準拠していないプラットフォームやサービスを使用していることもあるため、リスクが生じます。Boxがあれば、お客様は機密性の高いコンテンツについてローン代理店とシームレスに共同作業できます。どちらも、ファイルが安全で規制に準拠しているかどうかを心配する必要がありません。

カスタマイズ可能なエクスペリエンス

Boxの豊富なAPIを使用して、カスタムユーザーインターフェイスとホワイトラベルエクスペリエンスを構築できます。これによって、お客様とローン代理店はより効率的かつ効果的に連携できるようになります。

コラボレーションの改善

お客様は、その場で書類を提出し、共有、コメント、タスクの割り当てなどの機能を使用して代理店と共同作業できるようになります。これによって、ローン申し込みの処理時間が全体的に短縮し、完全にデジタル化されたローンエクスペリエンスが実現します。

処理時間の短縮

Boxは使用中のサービスと直接統合するため、相互に書類にアクセスしたり書類をプレビューおよび共有したりするための単一のプラットフォームとなり、コミュニケーション(電子メール、電話、顔を合わせる打ち合わせなど)に必要なサービスの数が減ります。

安全で規制に準拠したプロセス

Boxは、お客様がファイルを外部と安全に共有する一方で、FINRAやMiFIDなどの保持要件およびコンプライアンス要件を満たすことができるようにする広範な権限機能を備えています。

主な機能

オンデマンドアクセス

ユーザーはデスクトップまたはモバイルから直接、Boxに保存されている文書のアップロード、アクセス、管理を実行可能

Box APIやSDKでアプリを構築

BoxのAPIおよびSDKを使用して、ローンエクスペリエンスを支えるホワイトラベルアプリを開発

eSignatureツールの利用

DocuSignやAdobeSignなどのツールとの統合により、電子署名のためにローン書類を送信して、戻された文書をBoxに保存可能

ファイルのプレビュー

120を超えるファイルタイプのブラウザでのプレビューが可能

作成と編集

取引の段階ごと、およびお客様固有の文書ごとにフォルダを作成

外部ユーザーとの共有とコラボレーション

クライアントを招待し、一元化されたリポジトリ内でのファイルの共有、コンテンツの管理、チーム間コラボレーションを実現

コンプライアンスとガバナンス

Box Governanceにより、すべての管理対象コンテンツがFINRAやMiFIDなどのコンプライアンス要件に確実かつ容易に対応

セキュリティ

電子すかしやコラボレーターの非表示の機能により、セキュアなファイルアクセスや可視化レベルを実現

リアルタイムのコメントとタスク

リアルタイムのコメント機能や、プロセスのステップごとにチェックできるタスクの割り当て機能により、ワークフローを最適化

セキュアな文書ポータルを構築

ローン代理店とお客様がシンプルかつ安全に、組織の境界を越えた共同作業とファイル共有を実現

インサイトの抽出

Box Skills を使用して、機械学習により、納税申告書、写真付き身分証明書、銀行口座明細などのローン書類から重要な情報を自動的に分類して抽出

関連コンテンツ