契約管理

契約ワークフローの促進

契約管理プロセスの簡素化と自動化

財務から法務に至るまで、ほぼすべての事業部門が顧客、ベンダー、ステークホルダとの契約に関与します。 しかし、多くの組織における従来型の契約管理システムは業務の生産性を妨げ、セキュリティも不十分です。チームが契約を検索、共有、保持するのが難しいことは、言うまでもありません。Boxを使用することで、契約のコラボレータは一元化された安全なリポジトリで作業できるので、契約ライフサイクルを高速化し、コンテンツのセキュリティを保護して、コンプライアンス基準を遵守することができます。 契約がどこにあるか、セキュリティが確保されているかを心配する必要がないので、次回の契約に目を向けることができます。  

構造化されたデジタル契約ハブを作成

すべての契約を安全な1つの場所に保存することで、契約を検索し、社内外でその契約についてのコラボレーションを行うのが容易になります。

契約を迅速に履行

契約の作成、レビュー、承認プロセスを合理化することで、契約成立までの期間を短縮できます。 

コンプライアンス基準を満たし、データのリスクを軽減

Box Governanceを使用することで、FINRA、SOX、FLSAなどのコンプライアンス基準を満たし、権限のきめ細かい管理によってデータのリスクを軽減できます。  

契約ワークフローの自動化

タスクを自動化し、DocuSign、Adobe SignなどのeSignatureテクノロジーと統合できます。

主な機能

部門を超えた共有やコラボレーション

従業員、ベンダー、クライアントは、一元化された安全なワークスペースで契約についてのコラボレーションを行うことができます。 

リアルタイムの赤線引き

ファイル内コメントやタグ付けなどのバージョン管理機能やコラボレーション機能を使用することで、リアルタイムに契約を編集できます。

コンプライアンス基準を満たしリスクを軽減

Box Governanceを使用することで、FINRA、SOX、FLSAなどの規制の保持要件を満たすことができます。

メタデータを利用

メタデータをファイルに適用することで、ユーザーは高度な検索を迅速に実行して必要なコンテンツを見つけることができます。 

カスタムワークフローの構築

カスタムの契約管理ワークフローを簡単に開始して、アクションの割り当てや期限超過に関する通知をリアルタイムに受け取れます。

電子署名をシームレスに活用

eSignatureへ契約を送信してから、DocuSign、Adobe SignなどのeSignatureツールとのシームレスな統合を使用して、その契約をBoxに保存できます。  

コンテンツのセキュリティと権限を制御

グローバルなセキュリティ管理、きめ細かいファイル権限付与、電子透かしの設定などにより、ファイルへの不必要なアクセスを回避します。 

オンデマンドアクセス

デスクトップまたはモバイルからBoxのすべての契約にアクセスできるので、外出先でも赤線引きや署名が可能です。

分析の追跡

Boxの管理者コンソールから、契約のアクティビティを追跡したり、レポートを生成してエクスポートしたりすることができます。

インサイトの抽出

Box Skills を使用して、機械学習により契約書やデューデリジェンスドキュメントから情報を抽出できます。

関連コンテンツ