より効果的なコンテンツ・マネジメント

レガシー・サーバー

コンテンツを直感的に管理

企業が現在行っているコンテンツ・マネジメントは上手く機能していません。 組織は従来型の ECM ソフトウェア、サーバー、サポート、実装に数百万ドルを費やしていますが、従業員は未だに会社から認められていない個人所有ツールや、コンシューマー向けのアプリを使用しているのが現状です。

 

コンテンツをセキュアに管理しながら優れたユーザーエクスペリエンスを提供できる、エンタープライズ規模のソリューション、 それが Box です。コンテンツの整理、ワークフローの自動化、ドキュメントライフサイクル全体の管理を簡単に行える最新のコンテンツ・マネジメント・プラットフォームです。

 

コンテンツの提供とメタデータ

コンテキストに沿ったコンテンツの提供

コンテンツを分類。 メタデータテンプレートを使用することで、設定したメタデータ属性に従って、ドキュメント、画像、ビデオなどを論理的にグループ分けできます。

検索を簡素化。 メタデータを指定し、高度な検索を使用して検索結果にフィルタをかけることで、目的のファイルを迅速に検索できます。

コンテンツのサイロ化を解消。 メタデータを使用して、従来型のコンテンツ・マネジメント・ツールから Box にファイルを移行し、アクセス権限やポリシーを一元管理できます。

ワークフローポリシーと自動化

ワークフローの効率化と時間短縮

共有を自動化。 ドキュメント管理からクレーム処理まで、あらゆるチームが社内外の処理を自動化して、ポリシーを設定し、ドメイン固有のイベントに対応できます。

ルーチンワークの効率化。 イベントベースおよびトリガーベースの自動化により、新人研修や契約の承認などの一般的なタスクを効率化します。

リスクを警告。 不正ユーザーのアクセスなど、望ましくない活動が発生した場合の通知を設定してコンテンツを保護します。

データガバナンス

情報のガバナンスを確保

アーカイブとリテンションを管理。 ドキュメントを効果的に管理するために、 自動ポリシーを設定して、ドキュメントの保存、アーカイブ、削除のスケジュールをコントロールします。

暗号化と権利の管理。 セキュリティポリシーやドキュメントへの電子透かしの埋め込みにより、クレジットカード番号や知的財産などの機密情報の漏洩を防止します。

防御可能な eDiscovery。 関連コンテンツの特定、ドキュメントやメタデータの保存、情報の削除の防止を通じて、法的監査へのコンプライアンスを確保します。

Box を使用してコンテンツ・マネジメントを革新